SGJ通信

技術の導入と展開 ~戦後70年の出発に際して~

 今年は2015年、平成26年ですが、終戦後70年でもあります。昭和20年の終戦時には、私は、小学6年生で、戦争ごっこと勤労奉仕で過ごしていました。配給米で飢えを凌ぎ、自転車とリヤカーの時代に、アメリカでは一家に2台の自家用車を保有しているといわれ、想像出来ない生活水準の差でした。それが現在では、農村地帯では、一家に2台から3台の車は当たり前となっています。その間、アメリカを中心に先進国から各種の技術導入が行われました。特に、昭和30年から40年代はアメリカなどから高度の自動機械を輸入し、そのコピー機の拡大などで生産力が急速に拡大しました。そして、昭和60年代はコンピュータを活用した生産の自動化・コンピュータ化、すなわち、FA化CIM化が急速に普及しました。このように、自動化された効率的なシステムが、生産の海外移転などに対応するため、多品種小ロット生産の効率化などへと、生産形態の変化も進めましたが、日本の生産基盤は充実しました。

 

 このような生産形態の変化を進めながら、終戦当時は想像もできなかったアメリカを超える生活水準を実現することが出来ました。その過程を振り返ると、生産の自動化を実現するための生産技術に合わせ、品質管理やIE、コンピュータなどの管理技術の取入れを実施したイノベーションの効果があげられます。これらの自動化技術や品質管理、IE技術などの大部分の技術はアメリカで誕生し、発展してきました。そして、その技術はFA化、ISO、TPS(トヨタ生産方式)、TPMなどとしてわが国で熟成して標準化され、現在の日本の大企業の管理の基本として普及しています。 

 

  現在、繁栄している多くの大企業は、これらの管理技術を上手に活用しています。トヨタ生産方式は独自の改善方式と思われている向きもありますが、作業改善は「フォード方式」、改善方式は戦時中にアメリカで開発された「TWI」を基礎として、トヨタの実態に合うように永年かかって実用化されたシステムです。中小企業が新しい改善方式を取り入れる際には、これまで多くの企業が築いてくれた改善の基礎をしっかり身に着け、それを基礎に自社のシステムに適合するようにする必要があります。

 

カレンダー

2015年1月
« 11月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

アーカイブ

ページの先頭へ