SGJ通信

公益財団法人川崎市産業振興財団主催 技術セミナー開催

【テ ー マ】

 

中小企業の経営改革

 

それを支える改善技術の使い方

 

~ISO9001の実用化事例~

 

 

【日   時】  平成29年9月26日(火) 16時00~17時30分

【会   場】  かわさき新産業創造センター(KBIC) 2階大会議室

【講   師】  佐藤 幸雄 氏 技術士(経営工学部門)

【受 講 料】  無料

【定   員】  30名(申込順)

【対 象 者】  経営者、管理者、実務担当者等

 

素晴らしい業績をあげている企業に共通することは、経営トップのリーダーシップのもと、「全員参加の改善活動」を活発に展開していることです。改善を現場に徹底させ、成果に結び受けるには、「あるべき姿」を明確にし、「率先垂範」で、それを拡大実行させることが肝要です。

本セミナーでは、講師が取り組んできた多くの中小企業活性化の支援事例を紹介いたします。講師は、5Sの推進とTPM(※1)を活用して、「ISO9001」を効果的に実用化し、中小企業の力を引き出し、経営の体質を大幅に改革してきました。その改革を成功に導いた事例を紹介します。合わせて、「改善手法の活用の仕方」についても説明いたします。

最後に、第三者審査認証こだわらず、企業の独自性を発揮し、少ない費用で、ISO9001を効果的に取り入れる「ISO9001自己適合宣言」の実例を紹介する予定です。

(※1)TPM…Total Productive Maintenanceの略で、「生産部門のみならず全社をあげて、設備故障ロス、段取りロス、品質ロス、管理ロスなどのロス・ゼロに取り組む生産革新活動。

 

1.トップ企業を目指す改善の実行

◆顧客に最初に声を掛けてもらえるトップ企業  ◆5Sの徹底    ◆TPMの導入   

◆ISO9001とTPMの融合活動

2.「あるべき姿」の構築を目指す「ISO9001」の導入と改善の進め方

◆ISO9001と改善    ◆改善の進め方

3.あるべき姿を追及する方針管理:

PDCAの推進    ◆クレームゼロ・不良ゼロを目指して    ◆生産効率の大幅向上

4.改善の推進例

◆あるべき姿の明確化と改善のシステム化  ◆企業のISO9001に対する取り組み姿勢  

優良企業を「他力」として活用

5.企業の独自性を発揮し、顧客満足度を目指す「自己適合宣言」

独自性を発揮し、低コストでISO9001の要求事項を体得・活用し、顧客に評価されるシステ

 

パンフレットおよび申込み書はここをクリックし次に「?attachment_id=2211」をクリックしてください。

 

 

カレンダー

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ページの先頭へ