ITシステム活用

 各種 物を製造・生産する工場は、多々ありますが、生産管理の手法(ITシステム)は、ほぼ標準化することが可能です。(カストマイズも可能)

 

エクセルで管理されておられる企業様もおありでしょうが、適切な現場改善を行った後に「中小企業様向けの生産管理システム」を導入されることをお勧めいたします。

 

なぜなら、工場の現場で今、何が、どの工程で、いくつ生産されているかなどと言う情報を見える化し、必要な人は、それら生産状況を共有化することができます。

 

もちろん棚卸情報も簡単に見ることができ、適性在庫で操業が可能となります。

 

 

お問い合わせメールはクリック

 

 

 

 

hp5191

 

 

hp5154

 

 

hp5192

 

hp5192

 

 

hp5193

 

hp5194

 

 

hp5195

 

 

hp5196

 

 

 

hp5197

 

 

 

hp5198

 

 

 

hp5199

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここがABCの位置

知的資産経営(特許など)プロジェクト 

(担当:小林 知財歴約20年 携帯:080-5885-1871直通)川崎市産業振興財団登録専門家 

 

知的資産経営(個人の強みを生かし組織力を強化します。)

 

特許法35条(職務発明)の変更(本年4月1日施行)が施行されましたので、対応が必要です。

 

知的財産環境の把握のための参考資料:

 

1.IoT/インダストリー4.0時代の「オープン&クローズ戦略」とは?

http://bizzine.jp/article/detail/1363?p=2

 

 

2.2016年は「IoT×知財」元年―オープン&クローズ戦略を実践する先進企業の未来予想図

 http://bizzine.jp/article/detail/1365?p=6

 

3.標準化(業界や日本あるいは世界の標準)になる可能性のある案件は、特許を取得し、ロイヤルティーで実施権を提供する方法もあります。

 

特許は特殊なものではなく、一般の技術文献と同程度にフレンドリーに扱えなくてはなりません。

 

固有技術(コア技術)は(基本)特許群で守り、リスクヘッジをしよう。

 

 

 

内容

1.特許教育・セミナー(制度・明細書の読み方・調査の方法など)

2.出願前調査(出願しようと思ったら必ず先願調査をし、「特許の質」を最適なものにしよう。)

3.審査請求前調査

4.無効調査

5.SDIサービス

6.特許発掘・創造

7.社内規定(知財 職務発明)の作成方法

8.アイデアのブラシュアップから権利化(出願は特許事務所経由)の一貫支援

 

特許・実用新案テキスト検索

https://www7.j-platpat.inpit.go.jp/tkk/tokujitsu/tkkt/TKKT_GM201_Top.action

http://patft.uspto.gov/netahtml/PTO/search-adv.htm

http://worldwide.espacenet.com/advancedSearch?locale=jp_EP

https://patentscope2.wipo.int/search/en/search.jsf%3bjsessionid=C7BBE59EA999ECD4D4AC1B87ABDD83F1.wapp2

 

 

 

 

 

 

現場改善の実施方法   HOME

ページの先頭へ